ビジネス用タブレットの入手と活用
  • ビジネス用タブレットの入手と活用

    • ビジネス用のタブレットを入手するには、メーカーのオンラインショップで法人プランを利用するのが一般的です。

      ビジネス用タブレットに有効なサイトの紹介です。

      このプランは、メーカーが法人を対象に大量の端末を納入する為にあるプランであり、ビジネス用タブレットとして使う事を前提にプリインストールされているソフトウェアが厳選されているのが特長です。

      量販店モデルには、多彩なターゲット層に合わせる為にジャンルが異なるアプリケーションが多数入っていますが、ビジネス用タブレットには、オフィスツールを中心にビジネスで利用すると考えられるアプリケーションが搭載されています。また、スタイラスペンやスタンドになるカバーが付属してきますので、営業などの業務で直ぐに端末を持ち出して使う事が可能です。

      ジョルダンニュース!情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

      ビジネス用タブレットを導入する事で、企業は業務の効率化を図っていく事ができ、営業や商談などの報告をプリインストールされているオフィスツールを使って文書にし、インターネット経由で会社に送るといった事が出来ます。また、ブラウザからグループウェアにアクセスする事で従業員同士で連絡がしやすくなり、コミュニケーションの向上に役立てられます。

      ビジネス用タブレットは、キーボードが付属しているモデルもあり、端末本体とキーボードをドッキングさせる事によってノートパソコンのような使い方も出来ます。



      キーボードが不要な場合には取り外す事で端末だけを使う事も出来ますので、ビジネスマンにとっては利便性が高い製品です。

  • 企業関係の真実

    • windowsタブレットの機能を拡張するクレードル

      windowsタブレットのモデルの中には、タブレットとして十分な機能を持っているのに加えて、クレードルを装着させることによって機能を拡張できる機種が存在します。クレードルにはタブレット本体の薄さ、大きさを保つ目的から、デバイス内に収めるのが難しいパーツが外部接続させる形で搭載されています。...

  • 企業の重要知識

    • 10.1型タブレットの選び方

      現在スマートフォン感覚で使えて大画面、そして場合によってはノートパソコンのように使える10.1型サイズのタブレットを各社発売しており選択肢も多様になってきています。選ぶ際にはOS、スペックから見て自分に合ったものを選ぶことが大切です。...

  • 企業入門・知りたい情報

    • 10.1インチwindowsタブレットのGUI

      windows8以降のシステムでは、これまでのメニューのウィンドウからアイコンを選択することでアプリケーションを起動するスタートメニューが廃止となり、タッチパネルやモバイル利用を意識したライブタイルが採用されました。スタートメニューでは、スクロールさせたりフォルダを選択することで目的のアイコンに辿り付き、アプリケーションを起動する操作が、ライブタイルでは、画面を指でなぞってスライドさせることでタイルを切り替え、目的のタイルをタップすることで、アプリケーションが起動するという、まさにスマートフォンや、タブレットでの運用を想定して、GUIが大幅にリニューアルされました。...

    • 今こそ買いたいandroid5.1タブレット

      androidOSは、幾度かのバージョンアップを重ね、現在はバージョン6が主流となり、7の足音が近付きつつあります。その一方で、よりリーズナブルな価格でタブレットを入手したいユーザーにとって、価格が低下してきたandroid5.1タブレットは、大変お買い得で魅力的な商品です。...