windowsタブレットの機能を拡張するクレードル - ビジネス用タブレットの入手と活用
  • windowsタブレットの機能を拡張するクレードル

    windowsタブレットのモデルの中には、タブレットとして十分な機能を持っているのに加えて、クレードルを装着させることによって機能を拡張できる機種が存在します。
    クレードルにはタブレット本体の薄さ、大きさを保つ目的から、デバイス内に収めるのが難しいパーツが外部接続させる形で搭載されています。

    例えば、接続可能なパソコン用の周辺機器の数を増やす増設USB端子、高速のインターネットを、無線と比較して減衰無く利用できる有線のLAN端子、デスクトップパソコン用のモニタに接続して大きな画面のフルスクリーンでハイビジョン動画を楽しんだり、スプレッドシートをスクロールすること無く画面全体に表示して一目で確認しつつ、マルチモニタ機能でタブレット側をサブモニタとして利用できるHDMIなどの画像端子、電源周りでは、ACアダプターに接続するための変電ユニットや、駆動時間を拡大する増設のバッテリーなどがあります。

    windowsタブレットのクレードルの情報をまとめました。

    外出先では単品で取り回しのしやすい状態で使用し、室内では、据え置き型のデスクトップパソコンのように、機能を拡張しつつ利用するなど、シーンに応じて使い分けることができます。

    NAVERまとめを知りたいならご活用ください。

    このような芸当が可能なのも、特にwindows10以降のオペレーティングシステムがインストールされているモデルであれば、パソコン版とモバイル版のような区別が無く、特に意識すること無くシームレスに利用できる高い互換性を持っている、windowsタブレットとクレードルの組み合わせが可能にした、面白い要素です。